検索
  • FARFALLAminmin

tea time bear

大学時代、授業で描いた絵を染めて洋服に仕立てるということを学びました。

そしてその2年間で、絵が身に纏われ時に

たおやかに動く柄の様子にすっかり魅力されました。

絵に予想もしない動きが出ること。

そして自然や季節や想いなんかを

身に纏い全身でそのものを感じること。

それらのことに夢中になりました。


その気持ちは今もずっと続いています。


4つの季節に恵まれた地に生まれ、時の移り変わりを五感で感じることが容易い国なのに、

つい忘れがちになることも。

改めて移りゆく季節を見逃さないようにと思って描いています。

そしてその絵=柄の楽しさの可能性で遊んでいます。